日本とタイ、中国の投資家たちはベトナムの小売市場を独占しようとしています

日本とタイ、中国の投資家を筆頭に、外国の投資家たちは精力的にベトナム市場を広げようとしています。

日本のイオンモールはハノイに2つ目の施設を建てるためにHa Long Investment and Development Group (BIM Group) と提携をしています。

その2億ドルかけた施設は9.5ヘクタールもあり、ハノイのHa Dong地区のBIM Groupの土地にあります。

このプロジェクトは2019年の第4期に開始される予定で、ベトナムとしては5つ目のイオンモールとなります。

今のところ合計で6億ドルの費用をかけた施設をイオンは5つ保持しておりますが、小売業者はベトナムに100店舗のスーパーマーケットの設立の目標を達成するために既存のスーパーマーケットとの提携や買収をすることを発表しました。

イオンは2014年からFivimart30%とCitimart49%の株を保持しています。2008年からはイオンがベトナムに進出し、グループは拡大を続けました。

そのグループの最初のビジネスはG7-Ministopと名付けられたコンビニエンスストアをチェーン展開するためにTrung Nguyenと提携することでした。

イオンの目標はベトナムで20店舗をオープンすることです。世界中で16,500もの商業施設とお店をこのグループは経営していることになります。

一方で日本の別の投資者である高島屋は初めてサイゴンセンターモールで31の日本のブランドを進出させ、ホーチミンシティで初めて61のブランドショップを出現させ、ベトナムで初めて58のブランドショップをオープンさせたことによって、2016年の中ごろの中心地のホーチミンでは高島屋によって流行が作られたとされていました。

サイゴンセンターモールは株式会社高島屋のおかげで建設され、その子会社にはToshin Urban Development CompanyKeppel Land Group (Singapore) の二つの国有の会社があります。

その施設の場所はホーチミンシティの地下鉄と高速の交わる場所に建設予定となっております。ベトナムはシンガポールと中国の次に高島屋が目指した第三の目的の場所となっています。

高島屋は日本で最も深い歴史を持つお店の一つです。もともとは古着屋のお店として1831年に京都に設立されました。

いまでは日本で17の施設を展開し、シンガポール、上海(中国)、台湾、ベトナムに各一つずつあります。

2016年の国際小売開発のATの見出しによると、ベトナムの国内市場は日本、タイ、中国の投資家たちの鋭い洞察力を目の当たりにしたと発表しています。

アジアの20ある潜在的マーケットのうちの6つの中にKearney Companyはありました。

もっとも潜在的可能性のある市場として中国、インド、マレーシアとインドネシアがあり、ベトナムは11番目となります。

さらにベトナムの小売市場は世界貿易機関(WTO)や自由貿易協定に参画したあと、よりオープンなものになりました。

最近中国の投資家たちが公式にベトナムの市場に介入をし始めました。

たとえばMinisoLe Bao Minh Group とフランチャイズの契約に合意し、ハノイとホーチミンに12店舗をオープンしました。

Minisoは中国と日本の合弁事業となります。

この会社は日本には4つしかありませんが、中国には1110店舗あります。オーナーはYe Guofuという人で40歳未満の富豪の中国人33人の中の1人です。

Minisoの前身は2004年に設立されたAiyaya brandです。

2016年の4月には中国のもっとも大きいEコマース会社のAlibabaが、ベトナムを含めた東南アジアの市場に素早く介入しようとして10億ドルでLazadaを買収しました。

マーケットアナリストはこの買収はAlibabaが重要な投資金を広告キャンペーンや中国の商品をベトナムへの輸出費用として使うだろうと述べています。

同時期に地元の小売業者もまた注目すべき活躍を示しています。Mobile World JSC1000店舗をオープンし、Vingroupは今年7080程度のVinmart スーパーマーケットと約1500Vinmart+をオープンする予定です。

加えてVingroupは運営区域を増やすためにVinmartVinProVinDSや他の地域含め、ショッピングモールのシステムの開発をしはじめました。

VinmartVinmart+2017年には州と都市に少なくとも30店舗の建設を計画しています。

けれどもVingroupVinpro+の電気小売業者のチェーンはうまくいかず、Vincom mallにお店を統合しなければなりませんでした。

けれどもアナリストはベトナムの小売業者は競合できないと予想しています。

タイ、日本、韓国と中国からの商品はベトナムの勢いをおさえています。

「ベトナムの商品ははっきりとした方向性を見つけられていません。これは地元の小売業者より競合会社の方がマーケットに関してよりよい先見の明をもっているため、予想できる結果でもあります。」とRetail & Franchise Asia Company広報のNguyen Phi Van氏は語りました。「世界に目を向けている企業は市場の拡張をよりよいものとする」とも語っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です