日本の「農業技術」はベトナムの新しい作物を栽培できるのか?(2)

市場調査の会社であるTracticaは農業ロボットの国際市場は2015年の30億ドルから2024年までには739億ドルまで達すると予想しています。無人トラクターは2024年までに307億ドル獲得することを期待されており、耕作ドローンの需要も特に高く見込んでいます。

農業テクノロジーの農場は広範囲にわたります。考えられるのは典型的な未来型の農場イメージとして、土壌のコンディションを調査した後自動的に耕作や肥したりするように同期化された国際的に利用できる測位システムを使えたり、水田地で無人トラクターを使うなどがあります。

>クボタの無人トラクターの紹介ページ<
自動運転農機「アグリロボトラクタ」を市場”初”投入

日本の自動温室と農場はニュースでも多く取り上げられましたが、明らかに仕事の効率や耕作地、生産物の質を高め、コントロールするロボットやITシステム、センサーの利用を含む成長の過程を測る農業テクノロジーがより注目を浴びました。

データベースや画像により収穫の回数を学んだりすることなどベテランの農業者の価値の高い経験や技術はベトナムの農業文化に日本の投資のたまものとして加わるでしょう。

全ての専門家が同意していることはベトナムの農業は自身で農業テクノロジーへ移行することはないということです。

現実的な唯一の問題は日本の経験豊かでテクノロジーに精通し、洗練されたご年配の農業者と一緒にベトナムの農夫たちは働けるかということと現在その分野が直面しているたくさんの試練にどのように打ち勝つかということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です