日本のコンビニエンスストアがベトナムに進出

東アジアの国のサービス文化に対する需要が強いベトナムには、日本のコンビニチェーンが急速に拡大しています

20172月、セブンイレブン・ジャパンは、近い将来にホーチミン市でオープンするベトナムで、最初の小売店舗を営業するスタッフの募集広告を開始しました。
セブンイレブンブランドのアジアへの拡大は、セブンイレブンチェーンの創業者でもあるアメリカのサウスランド社が1980年に台湾にきたときに始まりました。
続いて、1991年にセブンイレブン・ジャパンがアメリカのサウスランド・コーポレーションを買収したのち、日本の小売大手セブン&アイ・ホールディングス社に買収されました。

セブン&アイ・ホールディングスの子会社であるセブンイレブン・ジャパンは、2014年に中国北京に2014年に初のアウトレットをオープンしました。

専門家によると、セブンイレブン・ジャパンが韓国、香港、ベトナム、その他アジアに進出するための計画を立てたことによって、中国への市場参入が非常に成功したとのことです。
セブンイレブン・ジャパンがホーチミン市で最初の店舗をオープンすると、専門家はこのブランドを世界中の厳しい市場で何十年もの成功を収めるだろうと警告しました。

同社の経営陣は、35年以上前のアメリカでの設立以来、同社とコンサルタントを務めており、コンビニエンスストアの専門家としても非常に熟練した人たちがそろっています。
他のチェーンも、ベトナム国内の日本スタイルの商品、サービス、スタッフ訓練を推進しています。
日本で3番目に大きなコンビニエンスストア事業者であるファミリーマートは、昨年7月末までにベトナムに106の店舗を有しています。 同社は、2016年末に150店舗、2018年に300店舗に達することを目標にしていると発表しました

その他の有名なアジア市場には、台湾、中国、タイが含まれます。
ミニストップは、日本の大手小売業者であるイオングループの一員であるコンビニエンスストアチェーンです。 日本以外の地域では、韓国を中心に展開していますが、ベトナムには、すべてのイオングループのショッピングセンターに店舗をオープンする予定です。
日本で第2位のコンビニエンスストアであるローソンは、昨年6月末までで、アジア以外では821店舗しか出店していないため、競合には差がありません

ローソン1996年に上海の現地企業と合弁で中国市場に参入しましたが、マネジメントスキルの不足により売上高や店舗数が増加しませんでした。
ローソンは、フランチャイズを促進することにより、2020年までに中国で3000店を目指しています。 また、ベトナムとマレーシアでフランチャイズを促進する計画もあります。 ローソンは現在、日本国外に790店舗しかありません。 中国に加え、インドネシア、タイ、フィリピン、ハワイにも店舗があります。
コンビニエンスストアの需要はアジアで増加すると予想されており、増加する人口の中で中産階級に入ることが予想されます

コンビニエンスストアの日本スタイルの管理の特徴の1つは、イノベーションと、おもしろいショッピングを提供する新製品とサービスの継続的なリリースです。
このサービスは、革新や新製品の開発がほとんどなく、同じ製品を年中提供する傾向がある伝統的なベトナムの小売業とは対照的です。
日本貿易振興機構は、大陸全体の期待に応えられるチェーンの能力に積極的姿勢を示しています。 あるJETROの関係者は、日本のコンビニエンスストアチェーンが、ベトナムの棚に並んでいる商品を開発するのは可能であると語りました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です