日本企業と投資家がベトナムに

最近では、Thu Huong氏はもはや自宅の近くの伝統的な店や市場で買い物をすることなく、タクシーをつかまえて、ハノイの町に向かい新しくオープンしたエアコンが備わっているAeonモールへ買い物に行きます。

30歳のHuongさんは、彼女の5人家族が1週間に必要とする様々なアイテムを一つの便利な店舗ですべて購入できると語ります。 また、無料Wi-Fi付きのモダンで快適な雰囲気を楽しめるともいいます。

ベトナムは、若い労働力、急成長している中流階級、東南アジア諸国よりも速く成長している経済を背景に、日本の家庭向け企業であるイオン、タカシマヤ、セブン&アイ・ホールディングスにとって魅力的なマーケットです。またイオンやタカシマヤは一つの店舗が大きいので多くの若者の雇用を生み、都市部の経済にも大きく貢献しているため、ベトナムにとっても進出をしてくることは非常に良いと考えられています。これからも飲食店やサービス業において日系企業の進出は多くなると予想されます。

>ベトナムに進出する日系企業の就職・求人情報サイト<
キャリアリンクベトナム
お仕事.COM

中国と日本の経済成長は、カタツムリのペースにまで減速したと、ベトナム事業を統括責任者として監督するAeonの長山長久氏は述べました。しかし、ベトナムの小売市場は強固であり、特に若い世代の間では強さが増しています。
市場調査会社のニールセン・ベトナムは、9300万人のベトナム人のうち60%近くが35歳未満であり、オープンマーケットがどのように機能しているかについてよりよく教育されつつあると指摘しています。

昨年7月、ホーチミン市にオープンしたイオンモールの4日後には、当初の会計よりも18%も高い売上高を記録しました。
日本最大の販売店であるAeonは、ベトナムで4つのモールと54のスーパーマーケットを運営しています。 その数のスーパーマーケットは、同社が中国で経営する食料品店の2倍以上であり、日本以外でオープンしたスーパーマーケットの3分の1を占めています。

特に、ベトナム市場で利益を上げようとしているのは日本の企業だけではない。
チョコレートメーカーから麺会社、緑茶メーカーまで、約20社の小売企業が、今年初めに三菱UFJフィナンシャル・グループとベトナムJSC銀行が主催するハノイのビジネスフォーラムで、 ベトナムの会社と話し合いすることとなりました。
大山氏は、日本のコンビニエンスストアや韓国、タイの企業が運営の足跡を残していることから、ベトナムの小売市場における競争は激化すると考えています。

大山氏は、地元の食料品チェーンであるCitimartとFivimartとの提携は、東南アジア諸国での事業運営をさらに強化すると考えていると付け加えました。
ベトナムの消費者は、平均所得が2000年だとたった433ドルから2015年には2,111米ドルに上昇するとNielsen Vietnamは述べています。 同時に、近所のウェットマーケットが独占する小売販売モデルから抜け出し、より良い品質のショッピングの質を求めています。

昨年6月に発表されたベトナム政府の報告によると、この国には約9,000のウェットマーケット、800のスーパーマーケット、そして家族経営の100万人以上の小さなお店があります。
伝統的な地元の市場や店舗とは対照的に、公式な小売ショッピングセンターでの支出は、2020年までに消費者支出の15%から40%に増加すると予想されています。
ベトナムの買い物客もより需要が高まっています。 Nielsen氏は61カ国の3万人を調査し、ベトナムの10人のうち6人がお店に入ると予想していますが、ほとんどの人が店舗内でのショッピング内容を充実させたいと思ってるとの調査結果です。

百貨店のオペレーターであるタカシマヤは、今年初めにホーチミン市のサイゴンセンターに1万5000平方メートルの百貨店をオープンし、特に東南アジアで急速に成長している市場を活用したいと考えていると、東京本社のハナイヒロノブ広報部長は語ります。
ハナイ氏によると、ベトナムの若年層と経済成長率は魅力的だと指摘し、高島屋は新店舗やその他の不動産を含む2012年以降、7億3,800万ドルを国に投資したと話しました。

日本のコンビニエンスストアの大企業であるセブンイレブンは、昨年、環太平洋諸国の拡大計画の一環としてSeven System Vietnamとのフランチャイズ契約を締結しました。
韓国の小売企業であるロッテグループが2020年までにベトナムで60のスーパーマーケットをオープンする予定だが、一方でTCC HoldingがベトナムのMetro AGのCash&Carry卸売事業をタイから獲得しているため、関心は日本に限りません。
ハノイに本社を置くヴィングループは、今後5年間に500店舗のスーパーマーケットと8000店舗のコンビニエンスストアをVinMartとVinMart +のブランドの下にオープンすることを目標としているとのことです。

ベトナムのトップの携帯電話小売業者であるMobile World Investment Corpも怠けておらず、来年初めに市場に参入し、食料品店を立ち上げる計画も発表しています。
この新しいセグメントは、携帯電話および家電小売事業よりもはるかに速く成長すると、会長のグエン・デュク・タイ氏はインタビューで述べています。
ここの市場はとても脅威であるとタイは述べています。人々は毎日携帯電話を2年に1回しか変えず、一方で新鮮な食べ物やお肉は毎日購入しなければならないと指摘しています。
10年前、毎朝食べ物を買うために袋を持っていた女性がウェットマーケットに足を運んでいましたが、そのイメージは変化しており、ベトナムで世代交代は行われ、過去の産物になるかもしれません。

日本のコンビニエンスストアがベトナムに進出

東アジアの国のサービス文化に対する需要が強いベトナムには、日本のコンビニチェーンが急速に拡大しています

20172月、セブンイレブン・ジャパンは、近い将来にホーチミン市でオープンするベトナムで、最初の小売店舗を営業するスタッフの募集広告を開始しました。
セブンイレブンブランドのアジアへの拡大は、セブンイレブンチェーンの創業者でもあるアメリカのサウスランド社が1980年に台湾にきたときに始まりました。
続いて、1991年にセブンイレブン・ジャパンがアメリカのサウスランド・コーポレーションを買収したのち、日本の小売大手セブン&アイ・ホールディングス社に買収されました。

セブン&アイ・ホールディングスの子会社であるセブンイレブン・ジャパンは、2014年に中国北京に2014年に初のアウトレットをオープンしました。

専門家によると、セブンイレブン・ジャパンが韓国、香港、ベトナム、その他アジアに進出するための計画を立てたことによって、中国への市場参入が非常に成功したとのことです。
セブンイレブン・ジャパンがホーチミン市で最初の店舗をオープンすると、専門家はこのブランドを世界中の厳しい市場で何十年もの成功を収めるだろうと警告しました。

同社の経営陣は、35年以上前のアメリカでの設立以来、同社とコンサルタントを務めており、コンビニエンスストアの専門家としても非常に熟練した人たちがそろっています。
他のチェーンも、ベトナム国内の日本スタイルの商品、サービス、スタッフ訓練を推進しています。
日本で3番目に大きなコンビニエンスストア事業者であるファミリーマートは、昨年7月末までにベトナムに106の店舗を有しています。 同社は、2016年末に150店舗、2018年に300店舗に達することを目標にしていると発表しました

その他の有名なアジア市場には、台湾、中国、タイが含まれます。
ミニストップは、日本の大手小売業者であるイオングループの一員であるコンビニエンスストアチェーンです。 日本以外の地域では、韓国を中心に展開していますが、ベトナムには、すべてのイオングループのショッピングセンターに店舗をオープンする予定です。
日本で第2位のコンビニエンスストアであるローソンは、昨年6月末までで、アジア以外では821店舗しか出店していないため、競合には差がありません

ローソン1996年に上海の現地企業と合弁で中国市場に参入しましたが、マネジメントスキルの不足により売上高や店舗数が増加しませんでした。
ローソンは、フランチャイズを促進することにより、2020年までに中国で3000店を目指しています。 また、ベトナムとマレーシアでフランチャイズを促進する計画もあります。 ローソンは現在、日本国外に790店舗しかありません。 中国に加え、インドネシア、タイ、フィリピン、ハワイにも店舗があります。
コンビニエンスストアの需要はアジアで増加すると予想されており、増加する人口の中で中産階級に入ることが予想されます

コンビニエンスストアの日本スタイルの管理の特徴の1つは、イノベーションと、おもしろいショッピングを提供する新製品とサービスの継続的なリリースです。
このサービスは、革新や新製品の開発がほとんどなく、同じ製品を年中提供する傾向がある伝統的なベトナムの小売業とは対照的です。
日本貿易振興機構は、大陸全体の期待に応えられるチェーンの能力に積極的姿勢を示しています。 あるJETROの関係者は、日本のコンビニエンスストアチェーンが、ベトナムの棚に並んでいる商品を開発するのは可能であると語りました

日本の「農業技術」はベトナムの新しい作物を栽培できるのか?(2)

市場調査の会社であるTracticaは農業ロボットの国際市場は2015年の30億ドルから2024年までには739億ドルまで達すると予想しています。無人トラクターは2024年までに307億ドル獲得することを期待されており、耕作ドローンの需要も特に高く見込んでいます。

農業テクノロジーの農場は広範囲にわたります。考えられるのは典型的な未来型の農場イメージとして、土壌のコンディションを調査した後自動的に耕作や肥したりするように同期化された国際的に利用できる測位システムを使えたり、水田地で無人トラクターを使うなどがあります。

>クボタの無人トラクターの紹介ページ<
自動運転農機「アグリロボトラクタ」を市場”初”投入

日本の自動温室と農場はニュースでも多く取り上げられましたが、明らかに仕事の効率や耕作地、生産物の質を高め、コントロールするロボットやITシステム、センサーの利用を含む成長の過程を測る農業テクノロジーがより注目を浴びました。

データベースや画像により収穫の回数を学んだりすることなどベテランの農業者の価値の高い経験や技術はベトナムの農業文化に日本の投資のたまものとして加わるでしょう。

全ての専門家が同意していることはベトナムの農業は自身で農業テクノロジーへ移行することはないということです。

現実的な唯一の問題は日本の経験豊かでテクノロジーに精通し、洗練されたご年配の農業者と一緒にベトナムの農夫たちは働けるかということと現在その分野が直面しているたくさんの試練にどのように打ち勝つかということです。

日本の「農業技術」はベトナムの新しい作物を栽培できるのか?

最近、日本の投資家たちのベトナム農業への関心と、いかにベトナム農業が経済的成長と雇用機会、食の安全に関して活性化できているかという話で盛り上がりを見せています。

日本の投資を促進させるためには、徐々に衰退傾向にある農業人口と農地を持つ太平洋に面する東アジアの国に目を向けることが重要です。

日本政府の公式な分析によると、2014年(数値を取り始めた年)までの10年間でフルタイムに働く農業者の数は220万人から170万人までと約50万人も減ってしまいました。

農業者が年老い、若年層が他の分野での仕事を目指しているから農業の人手が減っているだけではなく、栽培中の農作地も同様に少しずつ減少しています。

日本政府のデータによると2015年だけで420,000ヘクタールの肥沃した農地が生産地としての機能から遠ざけられています。

なぜ日本の農業者はハイクオリティーな食品生産物の需要を満たすために、技術的解決策や「農業技術」に取り組み始めたのかという一端がわかる重要なポイントです。

生産物の質や有効性は改良されている一方、農業テクノロジーはだんだんとく生産力を増し、コストの削減や、エネルギーや水、農薬やその他の資源の削減と明確に有利な点があります。

これらの事実もまた一般に東南アジアの農業技術に熱心に投資をしている日本人たちの立場の説明でもあり、ベトナムは特に自分自身の国への輸出に多額のお金をかけている瞬間を目の当たりにすることができます。

ビジネスアナリストは輸入用の日本の食品マーケットは10年以上さかのぼって広範囲にわたる成長をメインに予測してきました。国内の生産はだんだん縮小傾向になってきましたので、必要な食料は2倍の農作物の輸入が必要になるとたくさんの専門家はいいます。

日本の人口統計は食品輸入をより増やすために、UNの統計によると先進国の人口の平均年齢は60歳で日本ではすでに67歳まで上がっていて、いずれも少しずつ上がっています。

増えてきた年配の農業者にとって身体的な活動はより困難なものになってきたので、彼らを助ける技術的な発明や農業の仕事を代わりにやってくれる働き手を探すことが急務となっております。

三菱、富士通、パナソニックなどの大きい会社は国内・国外市場ともに多くの投資をしていて、農業技術単体で利益をとっていますので、食品生産部門での利益の追求は簡単なものではありません。

市場調査の会社であるTracticaは農業ロボットの国際市場は2015年の30億ドルから2024年までには739億ドルまで達すると予想しています。無人トラクターは2024年までに307億ドル獲得することを期待されており、耕作ドローンの需要も特に高く見込んでいます。

農業テクノロジーの農場は広範囲にわたります。考えられるのは典型的な未来型の農場イメージとして、土壌のコンディションを調査した後自動的に耕作や肥したりするように同期化された国際的に利用できる測位システムを使えたり、水田地で無人トラクターを使うなどがあります。

日本の自動温室と農場はニュースでも多く取り上げられましたが、明らかに仕事の効率や耕作地、生産物の質を高め、コントロールするロボットやITシステム、センサーの利用を含む成長の過程を測る農業テクノロジーがより注目を浴びました。

データベースや画像により収穫の回数を学んだりすることなどベテランの農業者の価値の高い経験や技術はベトナムの農業文化に日本の投資のたまものとして加わるでしょう。

全ての専門家が同意していることはベトナムの農業は自身で農業テクノロジーへ移行することはないということです。

現実的な唯一の問題は日本の経験豊かでテクノロジーに精通し、洗練されたご年配の農業者と一緒にベトナムの農夫たちは働けるかということと現在その分野が直面しているたくさんの試練にどのように打ち勝つかということです。

日本とタイ、中国の投資家たちはベトナムの小売市場を独占しようとしています

日本とタイ、中国の投資家を筆頭に、外国の投資家たちは精力的にベトナム市場を広げようとしています。

日本のイオンモールはハノイに2つ目の施設を建てるためにHa Long Investment and Development Group (BIM Group) と提携をしています。

その2億ドルかけた施設は9.5ヘクタールもあり、ハノイのHa Dong地区のBIM Groupの土地にあります。

このプロジェクトは2019年の第4期に開始される予定で、ベトナムとしては5つ目のイオンモールとなります。

今のところ合計で6億ドルの費用をかけた施設をイオンは5つ保持しておりますが、小売業者はベトナムに100店舗のスーパーマーケットの設立の目標を達成するために既存のスーパーマーケットとの提携や買収をすることを発表しました。

イオンは2014年からFivimart30%とCitimart49%の株を保持しています。2008年からはイオンがベトナムに進出し、グループは拡大を続けました。

そのグループの最初のビジネスはG7-Ministopと名付けられたコンビニエンスストアをチェーン展開するためにTrung Nguyenと提携することでした。

イオンの目標はベトナムで20店舗をオープンすることです。世界中で16,500もの商業施設とお店をこのグループは経営していることになります。

一方で日本の別の投資者である高島屋は初めてサイゴンセンターモールで31の日本のブランドを進出させ、ホーチミンシティで初めて61のブランドショップを出現させ、ベトナムで初めて58のブランドショップをオープンさせたことによって、2016年の中ごろの中心地のホーチミンでは高島屋によって流行が作られたとされていました。

サイゴンセンターモールは株式会社高島屋のおかげで建設され、その子会社にはToshin Urban Development CompanyKeppel Land Group (Singapore) の二つの国有の会社があります。

その施設の場所はホーチミンシティの地下鉄と高速の交わる場所に建設予定となっております。ベトナムはシンガポールと中国の次に高島屋が目指した第三の目的の場所となっています。

高島屋は日本で最も深い歴史を持つお店の一つです。もともとは古着屋のお店として1831年に京都に創業されました。いまでは日本で17の施設を展開し、シンガポール、上海(中国)、台湾、ベトナムに各一つずつあります。ベトナムへの進出において多くの雇用創出に期待されています。

2016年の国際小売開発のATの見出しによると、ベトナムの国内市場は日本、タイ、中国の投資家たちの鋭い洞察力を目の当たりにしたと発表しています。

アジアの20ある潜在的マーケットのうちの6つの中にKearney Companyはありました。

もっとも潜在的可能性のある市場として中国、インド、マレーシアとインドネシアがあり、ベトナムは11番目となります。

さらにベトナムの小売市場は世界貿易機関(WTO)や自由貿易協定に参画したあと、よりオープンなものになりました。

最近中国の投資家たちが公式にベトナムの市場に介入をし始めました。

たとえばMinisoLe Bao Minh Group とフランチャイズの契約に合意し、ハノイとホーチミンに12店舗をオープンしました。

Minisoは中国と日本の合弁事業となります。

この会社は日本には4つしかありませんが、中国には1110店舗あります。オーナーはYe Guofuという人で40歳未満の富豪の中国人33人の中の1人です。

Minisoの前身は2004年に設立されたAiyaya brandです。

2016年の4月には中国のもっとも大きいEコマース会社のAlibabaが、ベトナムを含めた東南アジアの市場に素早く介入しようとして10億ドルでLazadaを買収しました。

マーケットアナリストはこの買収はAlibabaが重要な投資金を広告キャンペーンや中国の商品をベトナムへの輸出費用として使うだろうと述べています。

同時期に地元の小売業者もまた注目すべき活躍を示しています。Mobile World JSC1000店舗をオープンし、Vingroupは今年7080程度のVinmart スーパーマーケットと約1500Vinmart+をオープンする予定です。

加えてVingroupは運営区域を増やすためにVinmartVinProVinDSや他の地域含め、ショッピングモールのシステムの開発をしはじめました。

VinmartVinmart+2017年には州と都市に少なくとも30店舗の建設を計画しています。

けれどもVingroupVinpro+の電気小売業者のチェーンはうまくいかず、Vincom mallにお店を統合しなければなりませんでした。

けれどもアナリストはベトナムの小売業者は競合できないと予想しています。

タイ、日本、韓国と中国からの商品はベトナムの勢いをおさえています。

「ベトナムの商品ははっきりとした方向性を見つけられていません。これは地元の小売業者より競合会社の方がマーケットに関してよりよい先見の明をもっているため、予想できる結果でもあります。」とRetail & Franchise Asia Company広報のNguyen Phi Van氏は語りました。「世界に目を向けている企業は市場の拡張をよりよいものとする」とも語っています。

天皇のベトナムへの訪問は関係良好のサイン(2)



2005年には以前兵士だった日本人夫を持つベトナム人女性が日本に住んでおり、その彼女を通して、Xuan氏は彼女の夫が生きていて日本に住んでいることを知りました。その次の年には、すでに日本人女性と結婚をしていたXuan氏が調整して彼女の元へ訪ねました。

かなりの年月が立ちましたが夫にあえて彼女はとても幸せだったと語りました。

彼らが再会したときに彼女に流暢なベトナム語で「元気そうだね」と夫はXuan氏に言いました。

「元気よ、ずっとあなたを待っていたの。」と日本人の妻と訪れ、発作に倒れたあとの車椅子の夫に語りかけました。Xuan氏は再婚せず、夫は2006年に彼女の元を訪れた後何年かしてなくなりました。

Xuan氏の家族は一緒にいることはできませんでしたが、日本人兵士の最後の軍は1960年には北ベトナム共産軍により、家族を連れていっていいという許可がおりました。

しかし日本人兵士の息子であるHoang Thi Thanh Hoai氏の父親は彼のベトナム人の祖母の面倒をみるために留まることに決めました。Hoai氏と父親は彼らの親戚を訪ねるため6週間日本に滞在した1995年まで、彼の兄弟たちとは再会することはありませんでした。

Hoai氏は今43歳でハノイにある日本人向けの眼科で働いており、父親の兄弟たちに再会した後、彼らとコミュニケーションがとることができなかった様子を見て日本語を勉強することに決めました。

「日本語を勉強することは、2つの家族の掛け橋になることだと思うの。それがもっとひろがって日本とベトナムの掛け橋になればとも思っているわ」と彼女は語りました。

今日、日本はベトナムのもっとも関係が深い外国の支援者であり、投資家の1国でもあり貿易のパートナーでもあります。

またなおいっそう防衛と保証の分野で近年密接につながりがありますが、この二国間は現在中国との海事の論争の問題に直面しております。1月にベトナムへ訪れている間、安倍首相は新しいパトロールの船をベトナムに提供することを公約いたしました。

今度の火曜から始まる6日間の昭仁天皇のベトナム訪問は、二国間の関係性をより強固にすることを強調しているものでしょう。

Xuan氏は木曜に昭仁天皇に会う予定となっております。彼女にとって天皇に謁見する機会が遅れてやってきましたが、彼女はとても楽しみにしています。

「子供たちも年を取って、私はさらに年を重ねたわ」と夫と家族の写真で飾られている小さい家で彼女はそう語りました。「私の日本の孫たちをしっかりと育てられるような環境づくりと仕事ができる機会を与えるようにと、ベトナムと日本の政府にそう望むだけよ。」と語りました。

天皇のベトナムへの訪問は関係良好のサイン(1)


ハノイ・ベトナム(AP)ーNguyen Thi Xuan氏は日本人の夫に1954年にさよならを告げたとき、夫が一年か二年程度の長さの任務だと思ってお送り出していました。彼女がまた夫に会うまでに50年以上の月日がたつなんて予想もしていませんでした。

Xuan氏のように日本人兵士と結婚したベトナム人の女性の家族はたくさんあり、日本とベトナムの激しい関係性の犠牲となり離れ離れになった経験を持つ方もたくさんいらっしゃいます。

今日以前は敵同士であったものの、防衛と保障を含み、他の地域同様日本とベトナムは経済的に協力関係にあり二国間とも強くつながりを持っております。

Xuan氏を含め現在も生きている日本人兵士の家族や未亡人たちは今週に、初めて昭仁天皇がベトナムに訪れた時に謁見する機会があるとのことでこの二国間の関係性がどのくらいのものになったかは、明らかになるでしょう。

日本の軍隊は1940年にベトナムに侵攻し、日本が第二次世界大戦が終わる1945年に同盟軍に降伏するまでそこにとどまりました。

しかしながらXuan氏の夫は1945年にフランスの植民地支配から革命家リーダーのホーチミンが独立を宣言したあとべトナムにとどまり続けた700人の日本人兵士の中の1人でした。

日本人兵士はフランスと戦うためにホーチミンのベトミン(ベトナム独立同盟会)を養成しました。しかしベトミンが植民地支配をするフランスを1954年に打ち負かしたあと、彼らの家族を連れてくることはできずに、北ベトナムの共産軍を出発しなければいけない日本人兵士71人の中の一人がXuan氏の夫でした。なぜならば日本は冷戦の反対国側にいたからです。彼は二人の子供と29歳の妊娠した妻をおいていかなければならなかったのです。

「私は1年や2年かそこらの任務だと思っていたの。でもそれから彼に関する情報はいっさいなかったわ。」92歳のXuan氏は語りました。

6年間夫から音沙汰がなかったあと、彼女と家族は彼が亡くなったと思っていました。彼を祈るためにも彼女は祭壇を設置したほどでした。

Xuan氏はハノイの郊外の村の田んぼで働きながら3人の子供を彼女一人で育てなければいけませんでした。村人たちは彼女のことをXuan Nhat Japanese Xuanと呼び、日本人と結婚したことをばかにすることもありました。彼女の子供たちも同じように笑われていました。

「日本人の子供だ、ファシストの子供だと人々に呼ばれていました。たくさん差別もされてきました。でも今はましになりました。」とXuan氏の一番上の息子のNguyen Xuan Phiが語りました。

しかし1980年代中頃にベトナムの共産主義が始まり、1990年代初期に世界へ国交を開いたあとに、反日感情は消え始めました。

6月に追加で3つの石炭火力発電の認可を受けるベトナム


 

ベトナム政府は来月の上旬には合わせて75億ドルの費用を使った外国からの投資を受け、石炭火力発電に投資の許可を出すでしょう。

日本と韓国、サウジアラビアの投資家たちは来月のベトナム首相Nguyen Xuan Phuc氏の訪日に先駆けて、それらのプロジェクトのライセンスが保持されることを期待しているとDung大臣はかたっています。

投資政策の大臣によると韓国のTaekwang Power Holdings Co.とサウジアラビアのACWA Powerはともに2021年の運営開始を見込んで1200メガワットの火力発電プラントに207000万ドルを投資する予定です。

一方で日本のMarubeni Corp.the Korea Electric Power Corp.はこれもまた2021年に営業開始予定とされている1200メガワットの発電所に279000万ドルの投資をする予定です。

大臣は日本のSumitomo Corp.2022年に開始される予定の1320メガワットに264000万ドルを投資する予定だと語りました。

韓国のPosco Energy Company2022年に始まり、2026年までに完了する予定の建設で、ベトナムで25億ドルの石炭火力発電プラントを建てる計画に関して、ベトナム政府からの賛成を得ました。

副首相のTrinh Dinh Dung氏は最近の電力産業へのメッセージとして、火力発電は次の20年か、それ以上にベトナムの電気供給の大黒柱になるだろうと語っていました。

その国の石炭の輸入の依存が増えていく一方で、電力分野の環境への効果をやわらげることにチャレンジをしていて、需要に遅れをとらないためにも石炭火力発電に引き続き注力をしていくと述べました。

その国のエネルギー需要はこの先4年以上毎年13パーセントずつ増えていくことを予想しています。

水力のようなエネルギー資源は最大の使用量に達成した一方で再生可能なエネルギー分野はいまだ初期状態であり、原子力発電の急上昇した価格は国債が65パーセントに達成しそうなその国にとっては高すぎるものでした。

修正された国力の発展計画によると石炭火力発電は2020年までに現在の33.4パーセントよりも高い、トータルのエネルギー資源の42.7パーセントをしめることが発表されております。

歴史的にもベトナムは石炭を自給自足で産出してきましたが、これも徐々に変わってきました。

ベトナムの産業貿易情報センター (VITIC)の最近発行された数字をもとに、今年の四半期の間に4億ドル以上が石炭の輸入に使われていました。

ベトナムは2030年までに合わせて56,325メガワットの64もの数の石炭火力発電を保持することとなるでしょう。

トータルの電力が13,810メガワットの26の発電所は運営中であり、15の発電所は現在建設中となっております。

エネルギーは巨額な投資を生みます


 

投資家たちは自然に優しいグリーン電力のプロジェクトの援助金で儲けようとしているようです。

政府の優先的政策の一環として実施可能となった、製造費用の削減のおかげで、より大規模な再生可能エネルギープロジェクトがベトナムでついに開始されます。

風が強く日差しも強いが雨は少ないといった特色のある天候のおかげで、南中央の地域はベトナムでクリーンエネルギーのための新しいハブの場所として話が出ています。

4月にはBinh Thuan省が投資家たちに90兆ベトナムドン(40億ドル)以上を20の再生可能なエネルギープロジェクトにつぎ込ませました。

それらの計画の中で最も重要な部分はDuc Long Gia Lai Groupによって建てられた138000億ベトナムドンの価値のある3つの風力発電と太陽光発電です。

3つの中で最も大きいのがPhan Thiet Townに建てられるものでしょう。それは年間に200メガワットを算出し、6兆ベトナムドンのコストがかかるものとされています。

その会社いわく、今から2020年までのクリーンパワーで30兆ベトナムドンを投資する長期計画のまさに最初のフェーズと語っております。

ベトナムの電力分野を独占しているVietnam Electricity (EVN)の子会社であるPower Generation Corporation 3は以前にNinh Thuan州で350メガワットの出力を誇る太陽光発電所の設立を正式に発表しました。

その会社は2021年の初めには完成するその工場に95700億ドンを使う計画をしています。

3月にはKhanh Hoa省は43000億ベトナムドンの価値のある2つの太陽光プロジェクトの開発をしているEVNCentral Power Corporationや地方の会社の方針に同意しました。

先週Binh Dinh省もまたFujiwara Corporationが太陽光と風力発電所に14500億ベトナムドンを投資する資格を持つことを認めました。

日本の会社は今年から始め、2019年にはそのプロジェクトの第一フェーズを完成する計画をしています。

クリーンエネルギーの分野に経験を持たないベトナムの会社、Bamboo Capitalはこの分野に1億ドルを費やす計画があることをDeputyCEONguyen Thanh Hung氏は VnExpressに語りました。

計画通り、その会社はLong An省に140メガワットの太陽光発電所を建てる予定で、中央の地域でより多くのプロジェクトを開始するための許可をこの先も求め続けるでしょう。

「我々は来年にはクリーンパワーを売る予定で2020年までには私たちのメインのビジネスの一つにしたいと思っております。」と彼は語りました。

増え行くエネルギーに対しての需要と限りのある化石燃料がベトナムで再生可能なエネルギー投資のトレンドになった主な理由であると産業貿易省のシニアエネルギー担当官のNguyen Anh Tuan氏は伝えております。

テクノロジーの進歩のおかげでクリーンエネルギーを生産するコストはキロワット時3500ベトナムドンから22002500ベトナムドンまで落とすことができたとTuan氏はいいます。

「この流行には、太陽光発電の投資家たちの特典として他にも理由があります。政府はキロワット7.8USセントから9.35USセントに買値を上げ、投資家たちに税の優遇策を施し、土地の利用料を削減しました。」と Tuan氏は伝えています。

風力発電プロジェクトの投資家たちは近い将来同じ待遇を受けることになりそうだと彼は付け加えました。

ベトナムはクリーンで低炭素エネルギーにだんだんと移行している間、いまだに電力の不足に困っている何百万人の人々と国の成長のために十分なエネルギーを産出しようという努力をしています。

昨年政府は、2030年までに石炭火力発電プラントでの産出目標を以前の目標であるトータルの発電量の56.4パーセントから53.2パーセントへ下方修正しました。

ベトナムは2030年までに太陽光発電と風力発電をメインとして、再生可能なエネルギーを使って、昨年より6パーセントアップし、トータルの発電量の10.7パーセントを産出することを目標としています。

ベトナムのエアコンの需要が日本の投資家たちを魅了




日本のエアコンメーカーは増えつつある都市の中流階級の人々へのアピールと、質の高い製品を販売することで、ベトナムでの企業展開をしようとしています。

エアコンに対するたくさんの需要が日本の大手企業をベトナムに進出させる一手を担っています。

日本の大手電機メーカーであるパナソニックは、ベトナムでエアコンを生産する準備をしていて、すでに家庭用電化製品の工場をベトナムに設立しています。収入が上がることで、需要が刺激されている東南アジアで、エアコン事業を強化する計画をパナソニックは立てているようです。

ベトナムのパナソニックは、投資の規模とタイミングはまだ最終決定とはなっておりませんが、すぐに決定するだろうと述べています。

パナソニックは2019年の3月までには世界中のエアコンの売り上げが60億ドルになることを見込んでいます。けれども日本の市場はこの40パーセントを占めることになるでしょう。

ベトナムはインドネシアの次にエアコン市場を占めている国となります。

もう一つのエアコン大手企業でダイキンというものがあり、そこは第二タンロン工業地域で1億ドルのプロジェクトの資格を昨年手に入れました。

ベトナムのダイキンエアコン会社のJSCの代表であるLy Thi Phuong Trang氏はそのプロジェクトは現在軌道に乗っており、年に50万台の在庫を持ちつつ、2018年の4月には運営が開始されるだろうと語っています。

ダイキンや三菱のような日本の会社はベトナムを工場の設立場所として選んでいます。というのも、ベトナムのダイキンや三菱のエアコンはほとんど、生産工場がフル回転しているタイから輸入しています。

工業や商業部門に対する増え行く投資と関係のあるベトナムのインフラ開発はその国のエアコンに対する高い需要に応える責任があります。大きい都市や増えつつあるサービス業の建設活動、観光部門や政府の投資は、ただでさえ高いベトナムのエアコン需要をより駆り立てるものと期待されています。

住宅街では、スプリットシステムのエアコンが人気で、一つのエアコンで集合住宅に対応ができます。

世界中のメジャーな国のエアコンの需要に関して、日本の冷蔵庫・エアコン産業協会(JRAIA)が報告書に、ベトナムの一般向けと商業向けのエアコンの需要はともに急激に上がっているとまとめています。

ベトナムのエアコン産業を支える会社は、LG エレクトロニクス、グリー、サムスン、 Midea Hitachi, Toshiba, Nagakawa, Mitsubishi, Carrierがあります。

>ベトナムのエアコン産業を支える日系企業<
HITACHI VIETNAM
MITSUBISHI ELECTRIC VIETNAM

昨年Samsung Vina Electronics Co., Ltd. は、「世界中で販売されたエアコンの50パーセントはスプリットシステムのエアコンでした。その部門のトータルは740億ドルにのぼります。最近多くの技術的な開発がされているこの部門に関してベトナムは、とても有望視されている市場となっています。」と語りました。

7年前に、Mitsubishi Electric Corporationはベトナムに会社を設立し、自動機器や家電製品、エアコンの売り上げを連携させました。

日本の会社は主にベトナムの売り上げを流通業者に間接的に通じて指揮していましたが、最近になって直接やり取りをするようになりました。

メーカーは、「今後目が離せないベトナムの将来性のため、Mitsubishi Electricは優先すべき市場としてベトナムを組み分けし、売り上げを連携するために地元に会社を設立することに決めました。」と述べています。

この大きい市場の競争は硬直している中、その地域のいくつかの国は環境規制を厳しくしています。ベトナムもまたエアコンのエネルギー消費の基準に対して意識を高めています。その動きはエコの技術を日々切磋琢磨している日本のエアコンメーカーのおかげといっても過言ではないでしょう。