日本の会社は、ベトナムとの金融協力に成功


日本の銀行・金融企業は現在、ベトナムの銀行、金融・金融リース会社の最大の外国株主であり、ベトナムのパートナーは高い専門性とサポートを手にすることができました。

最近、総資産5,854億ドルの日本最大の信託銀行である三井住友信託銀行(SMTB)は、BIDVファイナンシャル・リース会社の49%を買収し、 BIDV-SuMi TRUST Leasing Limited Companyと改称しました。そのジョイントベンチャーは、2013年以来の戦略的協力の拡大の一環として行われました。
VIR
の情報源によれば、日本の別の投資家がVPBank Finance Company LimitedFEクレジット)の49%を買収することを交渉中であるとのことです。これら2つの例は、日本の投資家がベトナムの金融市場とベトナムの銀行との協力への関心を示しています。
これまで、Military BankMB)は、Mcreditの消費者金融会社の株式の49%を新生銀行に譲渡し、HDBankHDFinanceの株式の49%をCredit Saison Co.に譲渡しました。Le Huu Duc MB取締役会長は、日本の投資家は「消費者金融における現代的な技術と経験において優位である」ということで協力している理由を述べています

日本の投資家の関心と多額の資金のために、より多くの協力案件が殺到しています。
現在、BIDVやまもなくAgribankのような大手を含むベトナムの多数の銀行や金融会社が戦略的な外国人投資家からの投資を呼びかけています。
日本の投資家との協力の拡大
株式の移行に加えて、ベトナムの大手銀行も、日本のFDIが増加しているため日本の銀行と協力して、ビジネスチャンスを探しています

20172月の終わりに、BIDVは日本の16番目の銀行である福岡銀行とベトナムの日本人顧客にサービスを提供するための覚書(MOU)を締結しました。
同様に、VietinBankVietcombankも日本のパートナーといくつかの覚書に署名しました。 特に、Vietcombankは約60の日本の銀行と提携を結ぶこととなりました。
この傾向に伴い、他の商業銀行も日本のパートナーを募集し、日本のクライアントをサポートするためにジャパンデスクと呼ばれる新しいサービスを確立しました。

VietinBankVietcombankBIDV以外にも、SacombankHDBankTPBankなどがこのサービスを提供しています。
「ベトナム市場に参入する日本企業はますます増えています。 両国は似ている文化とリテールバンキング戦略を持っているため、協力することは両当事者の強みを促進し、しばしば効率のよいものを生み出すことができる」とSacombankのリーダーは語りました。
ベトナムの資本やサービスの範囲は限られていますが、日本の顧客は完璧で多様なサービスをを求めています。
いつか日系銀行とベトナム銀行のチーム化する傾向が高まることが予想されます。 これはすべての関係者にとって有益なことであるのです

日本のコンビニエンスストアがベトナムに進出

東アジアの国のサービス文化に対する需要が強いベトナムには、日本のコンビニチェーンが急速に拡大しています

20172月、セブンイレブン・ジャパンは、近い将来にホーチミン市でオープンするベトナムで、最初の小売店舗を営業するスタッフの募集広告を開始しました。
セブンイレブンブランドのアジアへの拡大は、セブンイレブンチェーンの創業者でもあるアメリカのサウスランド社が1980年に台湾にきたときに始まりました。
続いて、1991年にセブンイレブン・ジャパンがアメリカのサウスランド・コーポレーションを買収したのち、日本の小売大手セブン&アイ・ホールディングス社に買収されました。

セブン&アイ・ホールディングスの子会社であるセブンイレブン・ジャパンは、2014年に中国北京に2014年に初のアウトレットをオープンしました。

専門家によると、セブンイレブン・ジャパンが韓国、香港、ベトナム、その他アジアに進出するための計画を立てたことによって、中国への市場参入が非常に成功したとのことです。
セブンイレブン・ジャパンがホーチミン市で最初の店舗をオープンすると、専門家はこのブランドを世界中の厳しい市場で何十年もの成功を収めるだろうと警告しました。

同社の経営陣は、35年以上前のアメリカでの設立以来、同社とコンサルタントを務めており、コンビニエンスストアの専門家としても非常に熟練した人たちがそろっています。
他のチェーンも、ベトナム国内の日本スタイルの商品、サービス、スタッフ訓練を推進しています。
日本で3番目に大きなコンビニエンスストア事業者であるファミリーマートは、昨年7月末までにベトナムに106の店舗を有しています。 同社は、2016年末に150店舗、2018年に300店舗に達することを目標にしていると発表しました

その他の有名なアジア市場には、台湾、中国、タイが含まれます。
ミニストップは、日本の大手小売業者であるイオングループの一員であるコンビニエンスストアチェーンです。 日本以外の地域では、韓国を中心に展開していますが、ベトナムには、すべてのイオングループのショッピングセンターに店舗をオープンする予定です。
日本で第2位のコンビニエンスストアであるローソンは、昨年6月末までで、アジア以外では821店舗しか出店していないため、競合には差がありません

ローソン1996年に上海の現地企業と合弁で中国市場に参入しましたが、マネジメントスキルの不足により売上高や店舗数が増加しませんでした。
ローソンは、フランチャイズを促進することにより、2020年までに中国で3000店を目指しています。 また、ベトナムとマレーシアでフランチャイズを促進する計画もあります。 ローソンは現在、日本国外に790店舗しかありません。 中国に加え、インドネシア、タイ、フィリピン、ハワイにも店舗があります。
コンビニエンスストアの需要はアジアで増加すると予想されており、増加する人口の中で中産階級に入ることが予想されます

コンビニエンスストアの日本スタイルの管理の特徴の1つは、イノベーションと、おもしろいショッピングを提供する新製品とサービスの継続的なリリースです。
このサービスは、革新や新製品の開発がほとんどなく、同じ製品を年中提供する傾向がある伝統的なベトナムの小売業とは対照的です。
日本貿易振興機構は、大陸全体の期待に応えられるチェーンの能力に積極的姿勢を示しています。 あるJETROの関係者は、日本のコンビニエンスストアチェーンが、ベトナムの棚に並んでいる商品を開発するのは可能であると語りました

日本とタイ、中国の投資家たちはベトナムの小売市場を独占しようとしています

日本とタイ、中国の投資家を筆頭に、外国の投資家たちは精力的にベトナム市場を広げようとしています。

日本のイオンモールはハノイに2つ目の施設を建てるためにHa Long Investment and Development Group (BIM Group) と提携をしています。

その2億ドルかけた施設は9.5ヘクタールもあり、ハノイのHa Dong地区のBIM Groupの土地にあります。

このプロジェクトは2019年の第4期に開始される予定で、ベトナムとしては5つ目のイオンモールとなります。

今のところ合計で6億ドルの費用をかけた施設をイオンは5つ保持しておりますが、小売業者はベトナムに100店舗のスーパーマーケットの設立の目標を達成するために既存のスーパーマーケットとの提携や買収をすることを発表しました。

イオンは2014年からFivimart30%とCitimart49%の株を保持しています。2008年からはイオンがベトナムに進出し、グループは拡大を続けました。

そのグループの最初のビジネスはG7-Ministopと名付けられたコンビニエンスストアをチェーン展開するためにTrung Nguyenと提携することでした。

イオンの目標はベトナムで20店舗をオープンすることです。世界中で16,500もの商業施設とお店をこのグループは経営していることになります。

一方で日本の別の投資者である高島屋は初めてサイゴンセンターモールで31の日本のブランドを進出させ、ホーチミンシティで初めて61のブランドショップを出現させ、ベトナムで初めて58のブランドショップをオープンさせたことによって、2016年の中ごろの中心地のホーチミンでは高島屋によって流行が作られたとされていました。

サイゴンセンターモールは株式会社高島屋のおかげで建設され、その子会社にはToshin Urban Development CompanyKeppel Land Group (Singapore) の二つの国有の会社があります。

その施設の場所はホーチミンシティの地下鉄と高速の交わる場所に建設予定となっております。ベトナムはシンガポールと中国の次に高島屋が目指した第三の目的の場所となっています。

高島屋は日本で最も深い歴史を持つお店の一つです。もともとは古着屋のお店として1831年に京都に設立されました。

いまでは日本で17の施設を展開し、シンガポール、上海(中国)、台湾、ベトナムに各一つずつあります。

2016年の国際小売開発のATの見出しによると、ベトナムの国内市場は日本、タイ、中国の投資家たちの鋭い洞察力を目の当たりにしたと発表しています。

アジアの20ある潜在的マーケットのうちの6つの中にKearney Companyはありました。

もっとも潜在的可能性のある市場として中国、インド、マレーシアとインドネシアがあり、ベトナムは11番目となります。

さらにベトナムの小売市場は世界貿易機関(WTO)や自由貿易協定に参画したあと、よりオープンなものになりました。

最近中国の投資家たちが公式にベトナムの市場に介入をし始めました。

たとえばMinisoLe Bao Minh Group とフランチャイズの契約に合意し、ハノイとホーチミンに12店舗をオープンしました。

Minisoは中国と日本の合弁事業となります。

この会社は日本には4つしかありませんが、中国には1110店舗あります。オーナーはYe Guofuという人で40歳未満の富豪の中国人33人の中の1人です。

Minisoの前身は2004年に設立されたAiyaya brandです。

2016年の4月には中国のもっとも大きいEコマース会社のAlibabaが、ベトナムを含めた東南アジアの市場に素早く介入しようとして10億ドルでLazadaを買収しました。

マーケットアナリストはこの買収はAlibabaが重要な投資金を広告キャンペーンや中国の商品をベトナムへの輸出費用として使うだろうと述べています。

同時期に地元の小売業者もまた注目すべき活躍を示しています。Mobile World JSC1000店舗をオープンし、Vingroupは今年7080程度のVinmart スーパーマーケットと約1500Vinmart+をオープンする予定です。

加えてVingroupは運営区域を増やすためにVinmartVinProVinDSや他の地域含め、ショッピングモールのシステムの開発をしはじめました。

VinmartVinmart+2017年には州と都市に少なくとも30店舗の建設を計画しています。

けれどもVingroupVinpro+の電気小売業者のチェーンはうまくいかず、Vincom mallにお店を統合しなければなりませんでした。

けれどもアナリストはベトナムの小売業者は競合できないと予想しています。

タイ、日本、韓国と中国からの商品はベトナムの勢いをおさえています。

「ベトナムの商品ははっきりとした方向性を見つけられていません。これは地元の小売業者より競合会社の方がマーケットに関してよりよい先見の明をもっているため、予想できる結果でもあります。」とRetail & Franchise Asia Company広報のNguyen Phi Van氏は語りました。「世界に目を向けている企業は市場の拡張をよりよいものとする」とも語っています。

ベトジェットは日本フライトを大阪から開始



ベトナムの格安航空会社は、混雑している東京を避けて、西側の都市を選びました。

ホーチミンシティー・・・おそらく来年早々にハノイから日本の西側の都市である大阪への航空サービスを開始、それはベトナム・日本間でベトジェットエアーにとって初めてのルートとなります。

ベトナムの格安航空会社は、二国間で出張や旅行者の現在増えている需要に答えることを目標としています。ベトナムは、韓国・タイ・シンガポールに次いで太平洋側に位置しているアジアの国で4番目に大きいマーケットを持ち、去年には日本人の旅行者のベトナムへの出入国は160万人に達しました。

ベトジェットの社長兼代表取締役のNguyen Thi Phuong Thao 氏は、月曜日の日本への出張に先駆けて、Nikkei Asian Review に「私たちのフライトネットワークの拡張には、カギとなるマーケットで、その数字は5年後には二倍になっていることを予想しています。」と答えました。

ハノイ・大阪間のルートを作るという決断は、国際ネットワークの拡張と国内の競争力を促すことを目的としたベトジェットの成長戦略の一部分となります。「私たちは現在30の国際線を運営しており、将来的にはベトナムにあるベトジェットの本拠地から五時間程度の範囲のネットワークを増やす予定です」とThao 氏は答えました。

ベトジェットは過去にはハノイかホーチミンシティーから東京へのルートを始めようとしていたこともありました。しかし、バニラエアーや日本のLCCを含むほかの航空会社のすさまじい競争力がベトジェットのその計画を変更せざるおえないほどのものしました。

西日本の大きい都市である大阪をベトジェットは選びました。また、北九州や小松、福島、茨城などの日本の他の地域へのチャーター便も現在検討中としています。また大東京へとつなぐ成田空港へのサービスも考えているとのことでした。「私たちが提供している格安航空運賃は2つの国の旅行産業をより刺激するものになるでしょう。」とThao 氏は伝えています。

またThao 氏は、日本とのコードシェア便を、利益を最大化し市場の割