ベトナムのエアコンの需要が日本の投資家たちを魅了




日本のエアコンメーカーは増えつつある都市の中流階級の人々へのアピールと、質の高い製品を販売することで、ベトナムでの企業展開をしようとしています。

エアコンに対するたくさんの需要が日本の大手企業をベトナムに進出させる一手を担っています。

日本の大手電機メーカーであるパナソニックは、ベトナムでエアコンを生産する準備をしていて、すでに家庭用電化製品の工場をベトナムに設立しています。収入が上がることで、需要が刺激されている東南アジアで、エアコン事業を強化する計画をパナソニックは立てているようです。

ベトナムのパナソニックは、投資の規模とタイミングはまだ最終決定とはなっておりませんが、すぐに決定するだろうと述べています。

パナソニックは2019年の3月までには世界中のエアコンの売り上げが60億ドルになることを見込んでいます。けれども日本の市場はこの40パーセントを占めることになるでしょう。

ベトナムはインドネシアの次にエアコン市場を占めている国となります。

もう一つのエアコン大手企業でダイキンというものがあり、そこは第二タンロン工業地域で1億ドルのプロジェクトの資格を昨年手に入れました。

ベトナムのダイキンエアコン会社のJSCの代表であるLy Thi Phuong Trang氏はそのプロジェクトは現在軌道に乗っており、年に50万台の在庫を持ちつつ、2018年の4月には運営が開始されるだろうと語っています。

ダイキンや三菱のような日本の会社はベトナムを工場の設立場所として選んでいます。というのも、ベトナムのダイキンや三菱のエアコンはほとんど、生産工場がフル回転しているタイから輸入しています。

工業や商業部門に対する増え行く投資と関係のあるベトナムのインフラ開発はその国のエアコンに対する高い需要に応える責任があります。大きい都市や増えつつあるサービス業の建設活動、観光部門や政府の投資は、ただでさえ高いベトナムのエアコン需要をより駆り立てるものと期待されています。

住宅街では、スプリットシステムのエアコンが人気で、一つのエアコンで集合住宅に対応ができます。

世界中のメジャーな国のエアコンの需要に関して、日本の冷蔵庫・エアコン産業協会(JRAIA)が報告書に、ベトナムの一般向けと商業向けのエアコンの需要はともに急激に上がっているとまとめています。

ベトナムのエアコン産業を支える会社は、LG エレクトロニクス、グリー、サムスン、 Midea Hitachi, Toshiba, Nagakawa, Mitsubishi, Carrierがあります。

>ベトナムのエアコン産業を支える日系企業<
HITACHI VIETNAM
MITSUBISHI ELECTRIC VIETNAM

昨年Samsung Vina Electronics Co., Ltd. は、「世界中で販売されたエアコンの50パーセントはスプリットシステムのエアコンでした。その部門のトータルは740億ドルにのぼります。最近多くの技術的な開発がされているこの部門に関してベトナムは、とても有望視されている市場となっています。」と語りました。

7年前に、Mitsubishi Electric Corporationはベトナムに会社を設立し、自動機器や家電製品、エアコンの売り上げを連携させました。

日本の会社は主にベトナムの売り上げを流通業者に間接的に通じて指揮していましたが、最近になって直接やり取りをするようになりました。

メーカーは、「今後目が離せないベトナムの将来性のため、Mitsubishi Electricは優先すべき市場としてベトナムを組み分けし、売り上げを連携するために地元に会社を設立することに決めました。」と述べています。

この大きい市場の競争は硬直している中、その地域のいくつかの国は環境規制を厳しくしています。ベトナムもまたエアコンのエネルギー消費の基準に対して意識を高めています。その動きはエコの技術を日々切磋琢磨している日本のエアコンメーカーのおかげといっても過言ではないでしょう。