日本の「農業技術」はベトナムの新しい作物を栽培できるのか?

最近、日本の投資家たちのベトナム農業への関心と、いかにベトナム農業が経済的成長と雇用機会、食の安全に関して活性化できているかという話で盛り上がりを見せています。

日本の投資を促進させるためには、徐々に衰退傾向にある農業人口と農地を持つ太平洋に面する東アジアの国に目を向けることが重要です。

日本政府の公式な分析によると、2014年(数値を取り始めた年)までの10年間でフルタイムに働く農業者の数は220万人から170万人までと約50万人も減ってしまいました。

農業者が年老い、若年層が他の分野での仕事を目指しているから農業の人手が減っているだけではなく、栽培中の農作地も同様に少しずつ減少しています。

日本政府のデータによると2015年だけで420,000ヘクタールの肥沃した農地が生産地としての機能から遠ざけられています。

なぜ日本の農業者はハイクオリティーな食品生産物の需要を満たすために、技術的解決策や「農業技術」に取り組み始めたのかという一端がわかる重要なポイントです。

生産物の質や有効性は改良されている一方、農業テクノロジーはだんだんとく生産力を増し、コストの削減や、エネルギーや水、農薬やその他の資源の削減と明確に有利な点があります。

これらの事実もまた一般に東南アジアの農業技術に熱心に投資をしている日本人たちの立場の説明でもあり、ベトナムは特に自分自身の国への輸出に多額のお金をかけている瞬間を目の当たりにすることができます。

ビジネスアナリストは輸入用の日本の食品マーケットは10年以上さかのぼって広範囲にわたる成長をメインに予測してきました。国内の生産はだんだん縮小傾向になってきましたので、必要な食料は2倍の農作物の輸入が必要になるとたくさんの専門家はいいます。

日本の人口統計は食品輸入をより増やすために、UNの統計によると先進国の人口の平均年齢は60歳で日本ではすでに67歳まで上がっていて、いずれも少しずつ上がっています。

増えてきた年配の農業者にとって身体的な活動はより困難なものになってきたので、彼らを助ける技術的な発明や農業の仕事を代わりにやってくれる働き手を探すことが急務となっております。

三菱、富士通、パナソニックなどの大きい会社は国内・国外市場ともに多くの投資をしていて、農業技術単体で利益をとっていますので、食品生産部門での利益の追求は簡単なものではありません。

市場調査の会社であるTracticaは農業ロボットの国際市場は2015年の30億ドルから2024年までには739億ドルまで達すると予想しています。無人トラクターは2024年までに307億ドル獲得することを期待されており、耕作ドローンの需要も特に高く見込んでいます。

農業テクノロジーの農場は広範囲にわたります。考えられるのは典型的な未来型の農場イメージとして、土壌のコンディションを調査した後自動的に耕作や肥したりするように同期化された国際的に利用できる測位システムを使えたり、水田地で無人トラクターを使うなどがあります。

日本の自動温室と農場はニュースでも多く取り上げられましたが、明らかに仕事の効率や耕作地、生産物の質を高め、コントロールするロボットやITシステム、センサーの利用を含む成長の過程を測る農業テクノロジーがより注目を浴びました。

データベースや画像により収穫の回数を学んだりすることなどベテランの農業者の価値の高い経験や技術はベトナムの農業文化に日本の投資のたまものとして加わるでしょう。

全ての専門家が同意していることはベトナムの農業は自身で農業テクノロジーへ移行することはないということです。

現実的な唯一の問題は日本の経験豊かでテクノロジーに精通し、洗練されたご年配の農業者と一緒にベトナムの農夫たちは働けるかということと現在その分野が直面しているたくさんの試練にどのように打ち勝つかということです。