ベトナムのモバイルゲームマーケットが日本のプレイヤーたちを魅了

 

ディベロッパーによると改良された通信モバイル事業が成功する見込みが急激に上がっているとのことです。

ハノイーベトナムのモバイルゲームマーケットは、現在ブーム真っ只中で、日本の会社はこのブームの波にをのるため、日々競争をしています。

数年後には4倍の20兆ドン(88000万ドル)以上になると予想されている東南アジアの国のモバイルゲームマーケットで、儲けるもくろみを持つゲームディベロッパーやIT会社の一団をKDDIは導いています。

12月には、KDDIはベトナム第二位で3460万人の顧客数を誇るワイヤレスサービスプロバイダーのMobiFone Telecomと提携しました。日本のテレコム企業は、特別なアプリを使ってゲームや映画、音楽を買うことができるauスマートパスサービスと同様のシステムを通じてモバイルゲームを売る計画を立てています。

初めにKDDIはベトナムのエンターテインメントを売ることに注力する予定ですが、ユーザーのトレンドを調査してから日本のコンテンツを提供する可能性もあります。

副首相であるNguyen Manh Hung氏によると、1520パーセントほどコンテンツの売り上げをぐんと伸ばすために、2016年の7月にコンテンツのダウンロードサービスを始めたMobiFoneは、タイアップを検討していると語りました。

ハノイにある日本のIT会社の富士テクノロジーは、昨年の下半期には、広く人気な恋愛シミュレーションゲームの「Ren Q Bu」からゲームのダウンロードサービスを始めました。627日には富士テクノロジーは日本のロールプレイングゲームである「Re:Monster」のベトナム語バージョンをリリースする予定です。

富士テクノロジーからのゲームのダウンロードは無料ですが、ある一定の値段が設定されてものもあり、ダウンロード数は、50万以上を目標としています。

開発コストを抑えるため、富士テクノロジーはベトナム市場のために日本のゲームを地方化している最中です。日本に参入しているベトナムの会社の数は日に日に増えているので、その会社は、日本のゲーム市場の利権もまた成長するだろうと主張しています。

富士テクノロジーのCEOであるNoriko Kato氏は「現在、たくさんのベトナム人が無料のスマートフォンゲームを楽しんでいます」と語っています。「しかし課金をしようとしているベトナムのプレイヤーたちも、着実と増えています」とも語っています。

2016年の9月には、富士テクノロジーは東京に本社を置くカードゲームのディベロッパー、ブシロードの資本に入り、タイアップをすることでブシロードのゲームも同様に販売することも視野にいれています。

モバイルゲームの人気は2016年あたりからベトナムで急激に上がりました。ある算出によると150以上のモバイルゲームが利用されています。歴史的な英雄たちが互いに戦うロールプレイングゲームの「Vo Lam Truyen Ky」やモンスターとユーザーを戦わせる「MU Origin」など大ヒットを飛ばすゲームもいくつか出てきました。その二つは10万ダウンロードまで達しました。

ベトナムは2014年に2000万人の利用者に達し、ほとんどが若者たちとなります。若者のプレイヤーたちが夜までゲームができ、ハイスピードインターネットを誇りとするゲームカフェがあるせいで、大学近くのエリアは大変混雑しています。

しかし過去数年、多くのプレイヤーたちはモバイルゲームの方を好み、そのカフェに行かないようになってしまいました。これらのモバイルゲームプレイヤーたちはアップルやサムスンが提供している大きいスマートフォンの画面に特に魅力を感じています。

ベトナムの貧弱な無線通信は今年劇的な進歩を遂げることを予想しており、4Gモバイルテクノロジーは、モバイルゲームマーケットを急激に伸ばしたベトナムに導入されました。

この春に日本で発売された任天堂スイッチのようなビデオゲームコンソールはあまりにも高すぎてトラクションを得ることはできないようです。ベトナムのゲームマーケットは発展

し続けているので、けん引する会社としてもモバイルゲーム業界から旅立ちました。