ベトジェットは日本フライトを大阪から開始



ベトナムの格安航空会社は、混雑している東京を避けて、西側の都市を選びました。

ホーチミンシティー・・・おそらく来年早々にハノイから日本の西側の都市である大阪への航空サービスを開始、それはベトナム・日本間でベトジェットエアーにとって初めてのルートとなります。

ベトナムの格安航空会社は、二国間で出張や旅行者の現在増えている需要に答えることを目標としています。ベトナムは、韓国・タイ・シンガポールに次いで太平洋側に位置しているアジアの国で4番目に大きいマーケットを持ち、去年には日本人の旅行者のベトナムへの出入国は160万人に達しました。

ベトジェットの社長兼代表取締役のNguyen Thi Phuong Thao 氏は、月曜日の日本への出張に先駆けて、Nikkei Asian Review に「私たちのフライトネットワークの拡張には、カギとなるマーケットで、その数字は5年後には二倍になっていることを予想しています。」と答えました。

ハノイ・大阪間のルートを作るという決断は、国際ネットワークの拡張と国内の競争力を促すことを目的としたベトジェットの成長戦略の一部分となります。「私たちは現在30の国際線を運営しており、将来的にはベトナムにあるベトジェットの本拠地から五時間程度の範囲のネットワークを増やす予定です」とThao 氏は答えました。

ベトジェットは過去にはハノイかホーチミンシティーから東京へのルートを始めようとしていたこともありました。しかし、バニラエアーや日本のLCCを含むほかの航空会社のすさまじい競争力がベトジェットのその計画を変更せざるおえないほどのものしました。

西日本の大きい都市である大阪をベトジェットは選びました。また、北九州や小松、福島、茨城などの日本の他の地域へのチャーター便も現在検討中としています。また大東京へとつなぐ成田空港へのサービスも考えているとのことでした。「私たちが提供している格安航空運賃は2つの国の旅行産業をより刺激するものになるでしょう。」とThao 氏は伝えています。

またThao 氏は、日本とのコードシェア便を、利益を最大化し市場の割