日本の会社は、ベトナムとの金融協力に成功


日本の銀行・金融企業は現在、ベトナムの銀行、金融・金融リース会社の最大の外国株主であり、ベトナムのパートナーは高い専門性とサポートを手にすることができました。

最近、総資産5,854億ドルの日本最大の信託銀行である三井住友信託銀行(SMTB)は、BIDVファイナンシャル・リース会社の49%を買収し、 BIDV-SuMi TRUST Leasing Limited Companyと改称しました。そのジョイントベンチャーは、2013年以来の戦略的協力の拡大の一環として行われました。
VIR
の情報源によれば、日本の別の投資家がVPBank Finance Company LimitedFEクレジット)の49%を買収することを交渉中であるとのことです。これら2つの例は、日本の投資家がベトナムの金融市場とベトナムの銀行との協力への関心を示しています。
これまで、Military BankMB)は、Mcreditの消費者金融会社の株式の49%を新生銀行に譲渡し、HDBankHDFinanceの株式の49%をCredit Saison Co.に譲渡しました。Le Huu Duc MB取締役会長は、日本の投資家は「消費者金融における現代的な技術と経験において優位である」ということで協力している理由を述べています

日本の投資家の関心と多額の資金のために、より多くの協力案件が殺到しています。
現在、BIDVやまもなくAgribankのような大手を含むベトナムの多数の銀行や金融会社が戦略的な外国人投資家からの投資を呼びかけています。
日本の投資家との協力の拡大
株式の移行に加えて、ベトナムの大手銀行も、日本のFDIが増加しているため日本の銀行と協力して、ビジネスチャンスを探しています

20172月の終わりに、BIDVは日本の16番目の銀行である福岡銀行とベトナムの日本人顧客にサービスを提供するための覚書(MOU)を締結しました。
同様に、VietinBankVietcombankも日本のパートナーといくつかの覚書に署名しました。 特に、Vietcombankは約60の日本の銀行と提携を結ぶこととなりました。
この傾向に伴い、他の商業銀行も日本のパートナーを募集し、日本のクライアントをサポートするためにジャパンデスクと呼ばれる新しいサービスを確立しました。

VietinBankVietcombankBIDV以外にも、SacombankHDBankTPBankなどがこのサービスを提供しています。
「ベトナム市場に参入する日本企業はますます増えています。 両国は似ている文化とリテールバンキング戦略を持っているため、協力することは両当事者の強みを促進し、しばしば効率のよいものを生み出すことができる」とSacombankのリーダーは語りました。
ベトナムの資本やサービスの範囲は限られていますが、日本の顧客は完璧で多様なサービスをを求めています。
いつか日系銀行とベトナム銀行のチーム化する傾向が高まることが予想されます。 これはすべての関係者にとって有益なことであるのです