日本の会社は、ベトナムとの金融協力に成功

日本の銀行・金融企業は現在、ベトナムの銀行、金融・金融リース会社の最大の外国株主であり、ベトナムのパートナーは高い専門性とサポートを手にすることができました。

最近、総資産5,854億ドルの日本最大の信託銀行である三井住友信託銀行(SMTB)は、BIDVファイナンシャル・リース会社の49%を買収し、 BIDV-SuMi TRUST Leasing Limited Companyと改称しました。そのジョイントベンチャーは、2013年以来の戦略的協力の拡大の一環として行われました。
VIR
の情報源によれば、日本の別の投資家がVPBank Finance Company LimitedFEクレジット)の49%を買収することを交渉中であるとのことです。これら2つの例は、日本の投資家がベトナムの金融市場とベトナムの銀行との協力への関心を示しています。
これまで、Military BankMB)は、Mcreditの消費者金融会社の株式の49%を新生銀行に譲渡し、HDBankHDFinanceの株式の49%をCredit Saison Co.に譲渡しました。Le Huu Duc MB取締役会長は、日本の投資家は「消費者金融における現代的な技術と経験において優位である」ということで協力している理由を述べています

日本の投資家の関心と多額の資金のために、より多くの協力案件が殺到しています。
現在、BIDVやまもなくAgribankのような大手を含むベトナムの多数の銀行や金融会社が戦略的な外国人投資家からの投資を呼びかけています。
日本の投資家との協力の拡大
株式の移行に加えて、ベトナムの大手銀行も、日本のFDIが増加しているため日本の銀行と協力して、ビジネスチャンスを探しています

20172月の終わりに、BIDVは日本の16番目の銀行である福岡銀行とベトナムの日本人顧客にサービスを提供するための覚書(MOU)を締結しました。
同様に、VietinBankVietcombankも日本のパートナーといくつかの覚書に署名しました。 特に、Vietcombankは約60の日本の銀行と提携を結ぶこととなりました。
この傾向に伴い、他の商業銀行も日本のパートナーを募集し、日本のクライアントをサポートするためにジャパンデスクと呼ばれる新しいサービスを確立しました。

VietinBankVietcombankBIDV以外にも、SacombankHDBankTPBankなどがこのサービスを提供しています。
「ベトナム市場に参入する日本企業はますます増えています。 両国は似ている文化とリテールバンキング戦略を持っているため、協力することは両当事者の強みを促進し、しばしば効率のよいものを生み出すことができる」とSacombankのリーダーは語りました。
ベトナムの資本やサービスの範囲は限られていますが、日本の顧客は完璧で多様なサービスをを求めています。
いつか日系銀行とベトナム銀行のチーム化する傾向が高まることが予想されます。 これはすべての関係者にとって有益なことであるのです

日本の銀行がベトナムでの投資を拡大


Dau Tu投資新聞によると、他の銀行がそのマーケットに割り込もうと画策している最中、すでにベトナムで運営している日本の銀行は、投資部門を広げようとしている計画を明らかにしました。

みずほ銀行は2012年にベトナムで投資を始めた最初の銀行の一つです。57千ドルの当初の資本金は二倍となりました。

ベトナムの外国貿易の共同出資銀行であるVietcombankとの最近の取り組みで、みずほ銀行の社長兼代表取締役のYasuhiro Sato氏は、Vietcombankは、もっとも成功した投資の一つだと語りました。

Vietcombankがマーケットの中で強いファイナンシャルグループで成長することを目的とし、有益な銀行と提携していた五年間のあと、株や融資などの他の分野への提携を広げることを彼は望んでいます。

別のファイナンシャルグループである三井住友は、ベトナムの輸出入の共同出資銀行であるEximbank22500万アメリカドルを投資しました。2007年にはEximbank15パーセントを保有しています。

副首相のVuong Dinh Hue氏との最近の会議で、三井住友の社長兼代表取締役Ryuji Nishisaki氏は、ベトナムのクレジット組織に興味があると述べました。

Eximbankの構造改革とは別に、三井住友は「子会社がベトナムの証券市場に加わることができるように準備はしている」とRyuji Nishisaki氏は述べていました。

そのうえ、三井住友やみずほ、東京銀行や三菱UFJなどの経験豊かな投資家やほかの日本の銀行は、ベトナムの投資パートナーを探しています。

もっとも最近では、ベトナムの投資開発銀行(BIDV)が三井住友信託銀行(SMTB)へ金融貸付会社の49パーセントのシェアを売却しました。

日本は、ベトナムの銀行システムで最も多くの株を保有していると言われています。現在の日本からの投資の波のおかげで、出資取引はほかの分野まで広がっていると専門家は言います。

ベトナムの銀行は、現在日本のパートナーとの取引を多様にしたいと躍起になっています。

先週、農業や地域開発を担当するベトナムの銀行(Agribank)が日本の農業機器のリーディングカンパニーであるヤンマーと提携を結びました。

首相のNguyen Xuan Phuc氏が日本へ向かっている間、200億アメリカドルの価値がある契約が二国間のビジネスと地域部門で締結されました。

この数字は、来年以降日本の会社がベトナムに投資する新しい波を作ることができるのを期待させるものです。

実際に国内の銀行は、ベトナムでの日本の投資が増えてきたので、ここ五年間、日本の消費者の動向をチェックしています。

2017年の2月には、日本人の顧客数が16位である福岡銀行とBIDVは提携を結びました。

VietinBankVietcombankは、日本のいくつもの銀行と提携を結んでいます。

特にVietcombankは、日本の60近い銀行との契約に署名しました。