日本の首相のベトナムへの訪問が投資の新しい波になることに期待




駐日ベトナム大使であるNguyen Quoc Cuong氏は、ベトナムの首相であるNguyen Xuan Phuc氏の64日~8日までの日本への公的訪問は、ベトナムでの日本の投資の新しい波を作ると意気込んでいます。

ベトナムのニュース機関に許可を得たインタビューでは、Phuc首相の訪日に先駆けて、外交官は、65日・6日の日経新聞主催の第23回国際会議のリーダーの訪問と彼の参加は地域的にも国際的にも両方の面でベトナムと日本には大変意味があるものだと語っていました。

Cuong大使は、日々進化している世界の中で、ベトナムの主張と役割は組織委員会と日本にとっては重要だと示しており、そのイベントのオープニングでは基調演説会にベトナムの首相が招待されていますと語っていました。

ベトナム政府のリーダーにとって積極的で前向き、さらには地域・世界平和に関しても、しっかりと責任を持ち、耐久性と発展性も兼ね備えているベトナムでメッセージを発信することはとてもすばらしい機会であり、日本の会社を含めた海外のパートナー企業などの協力を得る機会を世界にも開けたものにするためにも、積極的に世界との調和を図っているとCuong大使は付け加えました。

Phuc首相は、大臣やエージェント、地方企業や大企業までを引き連れ、その訪問は日本とベトナムの関係を勢いづかせるものになりそうだと外交官は語りました。

大使によると、ベトナムの首相は日本に滞在中に、日本の安倍首相と天皇陛下、政党のリーダーたちや県知事、大手企業や中小企業の経営者たちと会合する時間を設ける予定となっており、それはベトナムの都心や地方の行政だけでなく、異なる団体や社会経済組織に影響を与えるものとなるとも伝えております。

Phuc首相が日本に訪れた主な目的は、両国間の経済、貿易や投資の結びつきを高めることであると大使は強調しました。

政府のリーダーは財政や銀行、テクノロジー、製造やコンピューターの分野の大手グループと一緒に取り組みをしようとしていて、将来的にベトナムで投資をしたいと思っている会社やグループの本社や生産施設に訪問しようとしています。

首相は、二国間での貿易や投資、政府開発援助(ODA)の提携に関する指導について話合うべく、国際協力事業団(JICA)や日本貿易振興機構(JETRO) 日本経済団体連合会のような重要な経済組織のリーダーたちと会合をする予定となっております。

特記事項として、首相は「ベトナム・日本間の新しい時代に向けて」をテーマとしたベトナム・日本の経済フォーラムに出席する予定となっております。1300の日本の会社やベトナムの100以上の業種の代表者約1500名が参加ということで、この二つの国の今までで一番大きいビジネスイベントといっても過言ではないでしょう。

大使が言うには、フォーラムの大きさはベトナムの投資やビジネス、提携の協力の可能性に対する、日本政府や企業の注目度を反映しているものだと語っています。

フォーラムでは、首相がベトナムのだんだんと増えていく、オープンでわかりやすいビジネス環境と成長し行く政府の設立のための努力をしていくという決意を語るでしょう。

大使はまたベトナムと日本の会社や日本の地方企業が、ベトナムの首相が日本に訪れている間に、数百億円の価値がある契約やプロジェクトに合意することを期待していると述べました。